ヘッダー:SGH.png

8月8日(月)~12日(金) エンパワーメントプログラム

四日市高校を会場にして、四日市南高校、川越高校の3校合同で、
平成28年8月8日(月)から8月12日(金)までの5日間実施しました。

本プログラムの活動では、優秀な外国人ファシリテーターの指導のもと、
アメリカの大学生と高校生5名程度のグループに分かれ、ディスカッション、プロジェクトワークを、
協働してすべて英語で行いました。

参加した高校生は、グローバル社会で活躍する上で不可欠な、
クリティカルシンキング力、ロジカルシンキング力、コミュニケーション力、広い視野、リーダーシップ等を
身に付け、人生を前向きにとらえ、大きな夢に向かって努力する姿勢を身に付けていきました。

≪生徒の感想(一部抜粋)≫
・自分の英語力やコミュニケーション能力の足りなさ、思考の浅さをすごく自覚することができて、とても刺激になったと思う。
・人前でしゃべるのが楽しくなった。日を重ねるにつれてヒアリング力がアップしたと思う。
・自分の意見を言うことの大切さが分った。完璧に英語を話そうとするのではなく、まず自分の意見を伝えることが大切だと思った。
・コミュニケーション力とは言語を流暢に話すことではなく、諦めずに工夫して物事を伝えようとすることだと価値観が変わり、ジェスチャーで伝えることの大切さも分った。
・積極的に行動すること。失敗を恐れないことの大切さがわかった。1週間前とは価値観が大きく変わった。
≪活動の様子≫
0808_12-01.png

0808_12-02.png

0808_12-03.png

0808_12-04.png

0808_12-05.png

0808_12-06.png

0808_12-07.png

0808_12-08.png

0808_12-09.png



0808_12-10.png