ヘッダー:SGH.png

「ポストジュニア・サミットinくわな2017」への参加

■ 日 程:平成29年1月28日(土)   ■場所:六華苑

桑名市の国際交流事業「ポストジュニア・サミットinくわな2017」が六華苑で開催された。
将来、地域に還元する思いを持って、世界に羽ばたいていく高校生を育成するきっかけとなることや、国際交流事業を通じて、市内外の高校生や海外の留学生に桑名の魅力を知る機会を提供するだけでなく、コミュニケーションを通じて異文化理解を促進するために実施された。

本校からは4名の生徒が参加。桑名市内外の中高生、三重大学生、三重大学留学生など60人の学生とともに、着物の着付けや六華苑を見学した。
昼食後、参加者がグループに分かれて「ワールドカフェ」スタイルで「桑名市の活性化・国際化」、「六華苑の観光資源としての魅力発信・活用」の2つをテーマについて討議し、各グループが市長の前でプレゼンテーションを行った。

----------------------------------------------------

各グループによるプレゼンテーションの様子


0128_01.png_0128_02.png

参加者全員で市長に提言書を読み上げる様子


0128_03.png

最後に、まとめた意見を全員で読み上げ、市長に提言書を提出した。

六華苑にて記念撮影


0128_04.png

三重ユネスコスクール研修会・評価2016

0128_05.png

引き続き、三重大学地域ECOシステム研究センター主催で「三重ユネスコスクール研修会・評価2016」が開催された。三重大学人文学部地域イノベーション学研究科の朴 恵淑教授から三重大学のユネスコスクールコンソーシアム事業について報告された。

そのあと三重県のユネスコスクール活動報告では、本校はスーパーグローバルハイスクールとしての活動取組について、2年生坪井佑介くんが代表して発表した。


0128_06.png_0128_07.png

----------------------------------------------------