ヘッダー:SGH.png

東京大学教養学部 2017年度前期「高校生のための金曜特別講座」⑦

【日時】7月14日(金) 17:30~19:00/【場所】第1情報室
【テーマ】「人間、一生、勉強」

講師:籠田 文夫さん…教養学部統合自然科学科4回生(産婦人科医)

現在、現役の産婦人科医をしながら、教養学部統合自然科学科に在籍している籠田さんが講師を務められました。
センター試験を2004年から8回受験し、2011年に合格。
6年間在学して今に至っているそうです。
息子さんの受験を機に大学を受けようと思い立ち(自分の大学受験時に東大紛争で受験できなかった背景があった)、仕事をつづけながら、受験科目を工夫し(ドイツ語で受験、地学が面白そう…)最後は理科Ⅱ類で合格、専門は多くの知識が学べる教養学部へ。
「前期課程に在学していた時は、必修科目がある曜日に仕事と重なり、単位を取るのに苦戦を強いられたこともありました。でも、やりたいことが複数ある場合、どれもやってみるというのもひとつの選択肢ではないか」と専門に特化するのではなく、広く浅く学ぶことの大切さを強調されていました。
また、現在の産婦人科医の置かれている厳しい現状にも触れられました。
本校からの生徒の参加は、午前中クラスマッチのため少数でしたが、上半期最後の東大講座に最後まで聴き入っていました

0714_01.png0714_02.png0714_03.png