ヘッダー:SGH.png

平成29年度SGH等カンボジア合同研修会』

昨年度本校で開催した研修会について、今年度は岡山学芸館高等学校と広島女学院中学高等学校が幹事校として岡山で開催された。本研修会は各校のカンボジアフィールド研修に参加した高校生が一堂に介し、他校の生徒とその経験を共有し、グローバル人材として途上国に対してどんな貢献ができるかを考え、将来のグローバル人材として、新たな第一歩を踏み出すきっかけを得る機会としている。
その内容は以下のとおり。

■開催日   平成30年1月6日(土)~ 7日(日)
■会 場   UAゼンセン中央教育センター「友愛の丘」 (岡山県岡山市)
■参加校  8校 50名参加

       ① (東京) 昭和女子大学附属昭和高等学校 (1期校)10名
       ② (奈良) 西大和学園高等学校 (1期校)5名
       ③ (三重) 三重県立四日市高等学校 (1期校)2年生 4名
       ④ (和歌山) 和歌山信愛高等学校 (アソシエイト指定校)2名
       ⑤ (兵庫) 関西学院高等部 (1期校)5名
       ⑥ (東京) 啓明学園高等学校 (アソシエイト指定校)4名
       ⑦ (広島) 広島女学院中学高等学校 (1期校)7名
       ⑧ (岡山) 岡山学芸館高等学校 (2期校)13名
       ※H29年度幹事校:岡山学芸館高等学校、広島女学院中学高等学校

■研修日程

<1日目:平成30年1月6日(土)>

13:00 開会行事(校長挨拶、趣旨説明、2日間日程案内)

【講師】北陸先端科学技術大学院大学国際広報担当副学長 川西 俊吾 先生
    グローバル・コミュニケーションセンター研究員 元山 琴菜 先生

13:20 アイスブレイク(グループ内自己紹介など)

0106-07_01.png_0106-07_02.png

13:40 各校カンボジア研修プレゼン(各校10分+質疑5分)

0106-07_03.png_0106-07_04.png

16:00 講評

16:25 各部屋へチェックイン

16:50 川西先生ワークショップ前半(90分)「多様性を考える」

0106-07_05.png_0106-07_06.png

18:30 夕食

19:15 川西先生ワークショップ後半(60分)「多様性を考える」

0106-07_07.png_0106-07_08.png

21:30 男女別グループワーク(60分)(最大23:30)

0106-07_09.png_0106-07_10.png

<2日目:平成30年1月7日(日)>

07:30 朝食(7:25食堂集合)

0106-07_11.png_0106-07_12.png

08:25 2日目の案内

08:30 川西先生によるワークショップ(150分)「今から20年後のカンボジアを考える」

0106-07_13.png_0106-07_14.png

0106-07_15.png_0106-07_16.png

11:00 閉会行事とフィードバック

 ・「2日間の交流会での発見」など
 ・閉会の挨拶、フォトセッションNo1

0106-07_17.png_0106-07_18.png

12:00 昼食

13:00 フォトセッションNo2 解散

≪本校の参加生徒感想≫

・講師先生からワークショップを受けて、不明確だった「グローバル」についての様々な要素を明確に落とし込むことができたように感じています。これを通して、明確になったものをさらに自分で発展させられるよう頑張ります!

・他校の皆さんと交流して良い刺激になりました。ディスカッションが予想よりも楽しくて、時間が過ぎるのがあっという間でした。折角繋がりを持てたので、交流が続けられればいいなと思います。この研修に参加できてよかったです。ありがとうございました。

・私は今回のような他校との合同研修会に参加したのは初めてで、緊張していましたが、先生方から興味深いお話を聞けたことやグループで話し合ったことは私にとってよい経験となりました。

・他校の生徒の経験や、そこから生まれた意見を聞くことで、自分では思いつかなかった考えを共有できて良かったし、とても刺激を受けました。また、川西先生や元山先生の講義から、グローバルリーダーになるために自分には何が必要なのかとてもよくわかりました。

0106-07_19.png