ヘッダー:SGH.png

第2回SGH大テーマ講演会「人権講話」

【日時】5月2日(水) 14:30~15:45/【場所】本校体育館
【演題】「創造~差別意識と向き合うこころ~」

【講師】映画監督 瀬木 直貴 さん

 瀬木さんは本校卒業後、大学時代に映画と出会い、卒業後映画界へ。地域を舞台にした作品に定評があり、四日市観光大使なども務めています。1997年に東京都4区共同制作で自ら監督をした映画「お~い!」上映と講演をしていただきました。
 映画は実際にあった差別調査を素材に被差別部落出身の教師と会社で土地調査を行なったその友人と同和問題に対する意識の違いから傍観者的態度の誤りを指摘していました。20年以上も前の映画ですが、今も変わらない「知らない」ことからおこる差別意識の広がりに警鐘をならす作品でした。自ら監督した作品でもあるのでねらいやこめられた思いなども語られました。
 講演後、生徒からは「作品はどのようなテーマで作っているのか」「そのつもりはなくても差別してしまう気持ちがおこってしまうのはどうしたらいいのか」などの質問が寄せられ、「差別的な感情は誰もが持ちうるが、他人を抑圧したり傷つけないようにすることが大事だ。」と語られました。
終了後も瀬木さんのもとに集まった生徒たちに対して、学生(高校含む)時代の話や映画監督としての裏話、「差別」をどのように考えたらいいのかなどの質問について1つ1つ丁寧に答えていただきました。

0502_01.png0502_02.png0502_03.png