四日市高校がスーパーグローバルハイスクールに指定されました!

 3月28日、県立四日市高校が、文部科学省から、平成26年度「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」に指定されました。
 文部科学省が発表したSGH指定校は、全国で56校でした。

 1 SGH事業の趣旨

  •  文部科学省は、急速にグローバル化が加速する現状を踏まえ、社会課題に対する関心と深い教養に加え、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付け、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーを高等学校段階から育成することを目的として、「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」事業を平成26年度から開始します。

 2 指定までの経緯

  •  三重県と三重県教育委員会は、平成26年2月に、グローバル化に対応し発展していくために、「グローバル三重教育プラン―三重から世界へ、その先へ―」を策定しました。
  • そのプランの中核的取組として、県立四日市高校が、文部科学省の平成26年度「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」に関する研究開発の公募に申請し、第1次審査(書類選考)、第2次審査(ヒアリング)を経て、指定校に決定されました。県立四日市高校は、平成26年度から5年間、研究開発に取り組みます。
  •  なお、全国で246校が公募申請を行い、56校が平成26年度スーパーグローバルハイスクールに指定されました。
  • 文部科学省のサイトはこちら

 3 県立四日市高校のSGH計画の概要

  •  県立四日市高校は、三重大学国際交流センター、早稲田大学、日本医科大学等の大学やグローバル展開している企業等と連携して、地方発グローバル・リーダーの輩出を目指します。

 (1)研究開発構想名

  • 「三重・四日市から世界へ!新たな価値を創造する国際人育成プロクラム」

 (2)研究開発の概要

  • 県立四日市高校の主な取組は以下の4点です。

  ①総合的な学習の時間「グローバル・マインド」

  •  大学教授等の指導のもと、グローバル課題に係る研究、論文作成を通じて、全校体制でグローバル・マインドを育成する。

  ②学校設定科目「グローバル・リーダー学」

  •  特に意識の高い生徒は学校設定科目「グローバル・リーダー学」を履修し、海外でのフィールドワークや他の生徒に対するピア・サポートを通して、グローバル・リーダーとしての資質向上を図る。

  ③実践活動「グローバル・アクション」

  •  国際的なボランティア活動や国内外の討論会等への参加、地域に向けた提案型プレゼンテーションの実施、海外からの招聘高校生や大学留学生との交流、英語による討論型課外授業等により、グローバル社会につながる実践活動を行う。

  ④市民性・社会性の基礎力育成と効果測定

  •  グローバル・リーダーとして必要な市民性・社会性の資質を育成するとともに、生徒の変容を測定する尺度を開発する。