half_top_b.jpg

校歌

JASRAC許諾マーク音量はこちらで変更できます。

schoolsong.jpg

校歌制定

四日市高等学校初代校長 福岡法重先生

 昭和23年(1948)9月下旬福岡校長が職員会議にはじめて校歌を作ることを提案した。全職員が賛成し、歌詞は鈴鹿市石薬師出身佐佐木信綱博士に依嘱することになり、福岡校長はさっそく熱海に博士を訪ね承諾をえた。

 昭和25年(1949)4月25日、歌詞が完成し、その後、弘田龍太郎の作曲も成り、同年の文化の日、校歌の発表披露が行われた。

 昭和25年(1950)10月26日、佐佐木博士は郷里に帰った機会に、四日市高等学校を訪ねた。校庭に整列した生徒に対して、博士は列をくずして自分を円く囲むようにすすめ、「永遠に生きる」と題する講演をして生徒を激励した。なごやかな雰囲気の中で博士を囲む生徒の中から、力強い校歌の合唱がわき起こった。




作詞 佐佐木信綱

作詞.png

 歌人で国学者である。
 彼は東京帝国大学古典科を卒業し、万葉集研究を中心とした文献学、古典学に深い業績を残し、その功により昭和12年(1937)には第1回文化勲章を受章した。
 主な著作に「日本歌学史」「評釈和歌集」などがある。




作曲 弘田龍太郎

作曲.png

 富中第6代校長宮地雄吉の同郷(高知)の友人である。
 東京音楽学校本科(現・東京芸術大学)卒業後ドイツに留学、帰国後東京音楽大学の教授となった。
 日本の作曲界の第1人者で多くの代表的歌曲があるが、童謡<靴が鳴る><雀の学校>、小曲<叱られて><浜千鳥>など一般に広く愛唱された作品も多い。