Ⅰ 目指す学校像(基本理念)

  •  全職員が一丸となって生徒一人ひとりの無限の可能性を引き出し、我が国及び国際社会において活躍できる創造力豊かな人材の育成を図ります。
  •  授業、課外、特別活動、部活動などあらゆる教育活動の場面で個々の生徒の自己指導能力を育成します。
  •  生徒、保護者、教職員、県民から信頼され、活力があり魅力ある進学校を目指します。

Ⅱ 現状と課題 

  1.  本校は、創立以来これまで、我が国及び国際社会において活躍する多くの人材を輩出してきています。特に最近の10年は、三重県を代表する進学校として、生徒、保護者を初め、県民から大きな期待が寄せられています。
  2.  生徒の視点から学校・学級経営改善を進めるために、「理想の学校」、「理想の学級集団」づくりを行い、生徒一人ひとりの学力向上、豊かな心の育成、健やかな体の育成に向けた改革を継続して取り組む必要があります。
  3.  社会環境の複雑化、多様化に伴い、本校にもさまざまな課題を抱える生徒もいることから、スクールカウンセラー等と連携し、教育相談体制の充実を図る必要があります。
  4.  生徒は1年次、全員が部登録しており、全国大会に出場したり東海大会、近文祭で優秀な成績を収めている部があるなど、文字通り「文武両道」を実践していますが、部指導による教員の過重労働も生じていることから、部活動の在り方指針の作成や顧問の適正配置等により効率的運用と分担を図る必要があります。 

Ⅲ  中長期的な重点目標

  1.  「よりよい学校生活と友達づくりのためのアンケート」を定期的に行い、実態を把握するとともに検証を行い、生徒にとって活力があり魅力がある学校、学級作りを目指します。
  2.  生徒が学力を高めることができる指導を充実させるとともに、本校独自の学習指導方法を活用し、継続して授業内容の充実に努めます。また、授業時間の確保に努め、学力の保障、充実、伸張に努めます。
  3.  生徒一人ひとりの個性の伸長を図りながら、同時に社会的な資質や能力・態度を育成し、さらに将来において社会的に自己実現ができるような資質・態度を形成していくための指導・援助を行い、個々の生徒の自己指導能力の育成を図ります。 
  4.  教育計画や指導方法に関する実質的な議論が行えるように、各種委員会の充実や情報交換会等を設けるなどして組織を活性化させ、全員一丸なって生徒の状況の迅速な把握と対応に努めます。

Ⅳ 本年度の行動計画

「よりよい学校生活と友達づくりのためのアンケート」を定期的に行い、実態を把握するとともに検証を行い、生徒にとって活力があり魅力がある学校、学級作りを目指します。

【学年会・総務部・進路指導部・教務部】                               

  • 1. 「よりよい学校生活と友達づくりのためのアンケート」を年2回実施し、学級集団の状況や生徒一人ひとりの状況を把握し、親和的な学級集団の育成に取り組ます。
  • (取組状況の指標:アンケートを各学年2回実施)
  • (達成状況の指標:学級生活満足群に分布する生徒の割合、全学級60%以上)
  • 2. 生徒から信頼される授業を実践するために、生徒による授業満足度アンケートを実施してニーズを把握し、授業改善を行う。
  • (取組状況の指標:全教員の授業満足度アンケート年1回実施、一部教員を対象にモデルとして年2回実施)
  • (達成状況の指標:各教科担当教員による自己評価において全教員が「概ね改善できた」以上となる)
  • 3. 定期試験、実力試験、実力養成試験などの他に確認テストや宿題テストなどを実施し、個人の学力を分析し、きめ細かい学習指導を行います。
  • (取組状況の指標:各試験の実施、補習授業等学力補充の実施)
  • (達成状況の指標:到達度目標未達成率10%以下)

【保健部・生徒指導部・学年会・人権教育・図書部】                           

  • 1. 授業や日常の対話の他にアンケート調査、個別面談、三者面談を実施し、生徒の進路に関する不安や、友だち関係、家族関係など様々な悩みを把握し、必要に応じてスクールカウンセラー(教育相談専門員)や教育相談担当者、養護教諭と連携して生徒一人ひとりの社会環境の改善や心のケアに努めるとともに、校内の教育相談体制の充実に努めます。
  • (取組状況の指標:生徒全員の個別面談年間2回、スクールカウンセラー等の校内外の専門家、教育相談担当者、養護教諭と学年会議によるケース会議の実施)
  • (達成状況の指標:長期欠席生徒【不登校生徒】数が前年度より減少)

生徒が学力を高めることができる指導を充実させるとともに、本校独自の学習指導方法を活用し、継続して授業内容の充実に努めます。また、授業時間の確保に努め、 学力の保障、充実、伸張に努めます。

【教務部・総務部・進路指導部・教科会・図書部】   

  • 1. 教員が出張で授業が欠ける場合は、時間割変更を徹底し極力自習時間をなくします。
  • 2. 習熟度講座、少人数講座等を実施し、理解や定着を図り、生徒の満足度を高めます。
  •   (取組状況の指標:進路指導部と学年による学力検討委員会の実施)
  •   (達成状況の指標:生徒全員が希望する進路の実現)
  • 3. 土曜学習会や課外授業(夏季講座含む)を充実させ、個に対応した指導を行います。
  •   (取組状況の指標:課外授業の実施、進路指導を中心とした個別面談の実施)
  •   (達成状況の指標:生徒全員が希望する進路の実現)
  • 4. 事前に保護者、生徒の希望を取り入れた上で進路検討会議を実施し、個に応じた進路指導を組織的に行い、生徒の学力、適性にあった進路を実現します。また、保護者に最新の進路情報を提供し、生徒への受験支援や理解を図ります。
  •   (取組状況の指標:事前保護者面談、生徒個別面談、進路検討会議の実施)
  •   (達成状況の指標:生徒全員が希望する進路の実現)
  • 5. 進路指導主事をプロジェクトリーダーとする「学力向上対策特別委員会」を立ち上げ、成績上位、下位層へのきめ細かい指導のため過去の取り組みを検証し、一人ひとりの学力向上のためのプログラムを作成、実践する。
  •   (取組状況の指標:習熟度講座の実施、自習時間1クラス当たり年間4時間以下、土曜学習会年12回以上、通年課外授業、長期休業時課外授業の実施)
  •   (達成状況の指標:生徒一人ひとりが学年始めより学年修了時実施の校外模試において学力が向上)

生徒一人ひとりの個性の伸長を図りながら、同時に社会的な資質や能力・態度を育成し、さらに将来において社会的に自己実現ができるような資質・態度を形成していくための指導・援助を行い、個々の生徒の自己指導能力の育成を図ります。

【学年会・人権教育・生徒会・生徒指導部・図書部】

  • 1. クラスルームソーシャルスキルトレーニングシートの活用、エンカウンターの実施等を取り入れ、生徒相互が育ち学び合える集団を育成します。
  •   (取組状況の指標:クラスルームソーシャルスキルトレーニング等を活用した特別活動の実施。各学年年4回以上実施)
  •   (達成状況の指標:学級生活満足群に分布する生徒の割合、全学級60%以上)
  • 2. 三重県人権基本方針に基づいた人権学習を実施し、人間のあり方、生き方を考え、生徒の人権に対する意識を高めるとともに人権討論会等で関わりのスキル、配慮のスキルを高めます。
  •   (取組状況の指標:人権LHR各クラス3回以上、生徒主体の人権討論会1回)
  •   (達成状況の指標:学級生活満足群に分布する生徒の割合、全学級60%以上)
  • 3. 生徒同士、教職員、外来者等に対して場面に応じた挨拶ができるスキルを身につけるために、生徒会役員、室長、運動・文化部の部長が核となった挨拶運動、トレーニングシート等を活用したロールプレーを実施し、生徒のコミュニケーション能力向上につなげます。
  •   (取組状況の指標:生徒を主体とした挨拶推進運動、年5週以上実施)
  •   (達成状況の指標:学校関係者評価委員による評価「概ね達成できている」以上)

教育計画や指導方法に関する実質的な議論が行えるように、各種委員会の充実や情報交換会等を設けるなどして組織を活性化させ、全員一丸なって生徒の状況の迅速な把握と対応に努めます。

【教科会・学年会・進路指導部】

  • 1. 教科の指導計画や教材の共有化等を図り、教科内の情報交換を進めます。また各教科、科目指導計画の進捗状況調査を行い、学習指導の品質を整え、充実を図ります。
  •   また、質、量の両面から生徒の実態に合った課題が提供されているかについて必要に応じて抽出聞き取り、定期的に検証し、適切な家庭学習が行われているかを把握し、生徒の学力向上につなげます。
  •   (取組状況の指標:教科会を年5回実施、進捗状況調査の実施)
  •   (達成状況の指標:課題の質、量調査結果と学力向上の相関性について分析する。また、成績層別に任意抽出した生徒から聞き取り実態を把握するとともに、校長に6・9・11月末に報告し、改善につなげる)

【総務部・管理職・学年会】

  • 2. 各種面談、アンケート調査、ケース会議などの結果から得られた情報、知見をもとに主任会議や各種委員会を定期的に開催し、情報の共有を図るとともに校務分掌や部活動の在り方等も含めた学習者本位の視点から改善点を検討し継続した学校経営改善に取り組みます。
  •   (取組状況の指標:8月に中間評価を実施、改善点の提案各委員会1項目以上提案)
  •   (達成状況の指標:職場満足度調査における職場生活満足群に分布する職員の割合、60%以上)
  • 3. 校長とのフリートークを計画的に実施し、教職員間の親和性を向上します。
  •   (取組状況の指標:校長と新規採用を中心とした若手教職員とのフリートーク実施)
  •   (達成状況の指標:職場満足度調査における職場生活満足群に分布する職員の割合60%以上)

【総務部・事務部・生徒指導部・保健部・図書部】

  • 1. 緊急地震速報の活用訓練、津波、火災、地震等やさまざまな災害を想定した実践的な避難訓練を実施する。また、LHR、総合的な学習の時間を活用し、地震発生後に流される情報の真偽を見極める力を付けたり、曖昧な情報を不用意に発信しない態度の育成などの情報リテラシー教育を行う。
  •   (取組状況の指標:避難訓練年1回実施、消火訓練年1回実施)
  •   (達成状況の指標:訓練後の防災意識アンケートで「意識が高まった」以上90%)