校内でFM三重の公開生放送に放送部部員が出演しました。

 2021年2月4日(木曜日)12時35分~12時50分、校内の進路指導室前でラジオの公開生放送が行われました。
レディオキューブFM三重アナウンサーの清田のぞみさんが司会を行い、「消費者啓発事業 放送室訪問in四日市高校・若者に多い消費者トラブル」をテーマに放送部部員3名がゲスト出演しました。昼休み校内放送でも生配信されました。
消費者トラブルの事例を交えながら、放送部の3人と何が出来るのか考え、啓発する内容でした。放送内容の一部をご紹介します。

 ①成年年齢が令和4年4月から18歳に引き下げられると、被害が拡大することが心配されています。特に成人した大人に比べると、10代は消費生活に関する知識や経験が少ないために、悪質業者に狙われやすい・被害に遭いやすいと言われています。オンラインゲームへの課金、高額な情報商材への契約をしてしまった…というものです。一旦契約が成立すると、特別な場合を除き一方的にやめることが出来ません。一人で悩まず早めに相談をしましょう。電話で「188」にかければ最寄りの市町・消費生活相談窓口または三重県消費生活センターにつながります。

 ②「エシカル消費」という言葉を聞いたことはありますか? 私たち消費者が環境問題などの社会的課題を考えるなど、そういった課題に対して取組む企業を応援しながら消費活動を行うことです。例えば環境に配慮したエコ商品や障がい者の支援につながるものを選ぶなど、私達の消費行動の意識で世界の未来を変える可能性を秘めています。「エシカル消費」の理解や行動についても考えてみてください。みんなの手で消費者市民社会を作り上げていきましょう。
 最後はアナウンサーの清田さん、放送部の3人と「困った時は消費者トラブルホットライン188!」でしめくくりました。

公開生放送01.png

公開生放送02.png