ヘッダー:SSH.png

四高版「科学の祭典」

開催日時:令和2年2月4日(火)
ポスター発表 9:10~12:25/口頭発表 13:10~14:10/研修報告 14:30~15:20
会場:本校体育館,普通教室・特別教室等13会場
参加者:1・2年生全員,教職員,SSH運営指導委員5名,三重県教育委員会2名,
保護者37名,教育関係者(県内高校,大学関係者等)32名

----------------------------------------------------

 2年生が学校設定科目「探究Ⅱ」で実践してきた研究成果を発表する四高版「科学の祭典」が行われました。発表を通じて,自身の研究をまとめる能力やプレゼンテーション能力を育成することを目的とし,また,発表における質疑応答において研究内容に対する知識・理解を深めました。さらに, 1年生は2年生の発表を見学することで来年度の研究活動を具体的に思い描くことができました。
 また,自然科学系部活動や海外研修,さまざまな課外活動によって探究活動を実施してきた生徒についてもポスター発表や口頭発表を行い,その成果を全校生徒に還元するとともに課外活動の啓発を行いました。

0204_01.png_0204_02.png_0204_03.png



 77ブースに分かれて約300名が4ローテーションで発表しました。一人40分の持ち時間で,3~4回発表と質疑応答を繰り返しました。

0204_04.png_0204_05.png_0204_06.png



 13会場に分かれて約60名が発表しました。1会場につき,4~5名がパワーポイントを使って発表し、一人10~12分の持ち時間で,発表と質疑応答を行いました。

0204_07.png_0204_08.png_0204_09.png



 国際舞台で活躍するために必要となる資質・能力を育成する諸活動であるオーストラリア語学研修,イオンティーンエイジ・アンバサダー(中国),「世界津波の日」高校生サミット,アメリカ研修について各参加者が英語を交えて報告を行いました。

0204_10.png___0204_11.png

              オーストラリア語学研修            イオンティーンエイジ・アンバサダー(中国)

0204_12.png_0204_13.png

            「世界津波の日」高校生サミット                アメリカ研修   

 最後に表彰式が行われ,ポスター発表部門では最優秀賞3名,優秀賞5名,奨励賞9名,口頭発表部門では最優秀賞2名,優秀賞6名,奨励賞7名が表彰されました。最優秀賞は以下の皆さんです。

0204_14.png

曽我 萌々子

「東京オリンピックを通じてソフトパワーで世界平和の推進」

0204_15.png

勝原 茜子

「おしぼりの素材・加工による素質の状態と気温・湿度の変化について」

0204_16.png

森 陽香

「海洋プラスチックゴミ~伊勢湾の現状~」

0204_17.png

相可 健斗

「未来につなげる超伝導」

0204_18.png

大平 清香

Seasonal Changes in a Tidal Pool

 2年生による成果発表会は,探究活動の一つのゴールであり,生徒はこの発表会に向けて前日まで時間を費やし,入念な準備を行ってきました。当日のポスター発表では,発表者のまわりを囲む生徒が途切れることがなく,集中して発表を聴き活発な議論が展開されました。スケッチブックやスマートフォンを用いて分かりやすく伝える工夫を行ったり,実験や調査に使った実物を持参して発表を行ったりと生徒一人一人が創意工夫を凝らした発表を行いました。中には発表内容について5~6人で輪になって検討会が始まる等,非常に良い雰囲気の発表会となりました。今回の発表によって生徒が質問された事項や新たな課題については来年度の「探究Ⅲ」において論文にまとめる中で追実験や追調査を行い,より研究内容を深めていく予定です。